池田泉州キャピタル

投資ファンドイメージ

HOME >  運営ファンド

運営ファンド

地域産業の活性化・成長産業の育成を応援します。

 

投資ファンドイメージ

 

イノベーションファンド

地域社会における新事業の創出等産業振興に寄与し、大阪・関西の地域経済の発展や雇用の確保に繋がると期待され、2025年大阪・関西万博が目指す「SDGsが達成される社会」や「Society5.0の実現」に貢献する技術・ビジネスモデルを持ったスタートアップへ投資するファンドです。
池田泉州銀行と共有する、大阪府・市・商工会議所・経済団体/大学/公的支援機関/関西を代表する企業等との幅広いネットワークを活用し、外部機関等と連携を図り、企業育成を通じて、地域への貢献に取り組んでいます。

名称
関西イノベーションネットワーク投資事業有限責任組合(愛称:イノベーションファンド25)
設立日
2019年9月20日
GP
池田泉州キャピタル株式会社
LP
株式会社池田泉州銀行、岩谷ベンチャーキャピタル合同会社(岩谷産業株式会社より地位承継)、エネサーブ株式会社、大阪信用保証協会、塩野義製薬株式会社、ダイキン工業株式会社、日本生命保険相互会社、阪急阪神ホールディングス株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、ロート製薬株式会社
※50音順

HHPファンド

阪急阪神不動産株式会社の既存事業の競争力強化・効率化(生産性向上)、新規事業開発(新たな価値創造の創出)を目的として、スタートアップへ投資するコーポレートベンチャーキャピタルファンドです。
スタートアップが有する先端技術や革新的な事業手法と、阪急阪神不動産株式会社が有する経営資源を、協業を通じて融合させることにより、新たな価値創出に取り組んでいます。


名称
HHP共創ファンド1号投資事業有限責任組合
設立日
2019年8月29日
GP
池田泉州キャピタル株式会社
LP
阪急阪神不動産株式会社

 

^